えばの自己紹介

はじめまして、えばと申します!訪問ありがとうございます(^^)/

現在はとある理系大学院生。

ここでは、私の英語歴史を紹介していきます!

中学時代:英語が大の苦手科目

私は中学の頃、英語がすごく苦手でした。

「単語が分かっても文章の意味がわからない。」

「リスニングも何言ってるかさっぱり」

「勿論外国人と話すなんて無理」

そんな感じ。

模試も、塾に通っていたものの模試では偏差値50。いたって平均的。

勉強しても一向に読める気がしませんでした。

「どうしたものか・・・」と悩んでいるときに、転機が訪れます。

英語の勉強法を変えた

英語がまだ苦手だったある日、塾の先生にこう言われました。

「だまされたと思って教科書を100回音読してみろ」

内心「効果あるのか?」と思いつつ、バカだったので100回音読しました。

すると、いくら頑張っても読めなかった英語が、何となくわかるように。

模試の偏差値も 50 → 55・・・

と少しずつ上がっていきました。

高校時代:英語が一気に得意科目へ

さて、勉強法を変えた私は一体どのようになったかというと・・・

模試の偏差値 50 → 75 over

校内でも上位に登り詰めることができたわけですね。

苦手だった英語もすっかり得意科目になり、得点源になりました。

何より、「英語の勉強が楽しい」とさえ感じるようになり、英語が好きになりました。

まぁ、英語の先生は嫌いでしたが(笑)

そんな訳で、大学時代もぼちぼち英語の勉強を続けていきます。

大学時代:留年するか・・・?

英語は好きでしたが、先生はなんだか好きになれませんでした。

意味のない課題を押し付けられている感じがして。

「先生は好きになれない」という先入観を持ったまま大学に入ったため

当然英語の授業も受けたくありませんでした。

そのため、TOEICの高得点を狙って単位を補うことにしたんですね。

大学4年の12月までにTOEIC860取れなかったら留年

という状況に自分を追い込み、TOEICの勉強を行いました。

大学時代:TOEIC勉強の結果は?

勉強の結果、 665(2015/7) → 875(2017/9) まで200点以上UPさせることに成功しました。

色々な寄り道をして、2年以上の時間がかかってしまいました(笑)

ただ数多くの遠回りしたからこそ、最短の道が見えていると感じます。

大学院生時代:現在は何しているの?

現在は大学院の勉強はもちろん、英語もぼちぼち勉強中です。

大学院修了までにTOEIC900点と英検1級の取得を目指しています ^^)

また、2019/8/31~2020/3/3までの約6か月間、ベトナムに交換留学予定。

みっちりと英語を鍛えるつもりです。

結局私が言いたいこと

私の英語の歴史を簡単に紹介しました。

何が言いたいかというと、「英語の勉強はやり方が大事」ということです。

ただ机で勉強しているだけではダメです。

ただ英語を聞き流しているだけでもダメ。

努力の方向が間違っていては、成果を上げるのは遅くなってしまいます。

皆さんが英語上達の道を踏み外さないよう、英語に関する記事を執筆中。

このブログが少しでも、皆さんの勉強のお役に立てたら幸いです。

Twitterもやっていますので、質問・意見などはDMにてよろしくお願いします!

見ていただきありがとうございました(^^)/

ブログの方も是非、足を運んでみてください!

えば

Copyright© えばの備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.