効率・モチベUP

英文解釈の参考書|社会人にオススメな3冊をご紹介!TOEIC875が語る

社会人にオススメな英文解釈の参考書3冊
社会人だけど英語をいちからやり直したい

社会人にオススメな英文解釈の参考書ないかなぁ

 

そんな風にお思いではありませんか?

社会人になって、英語習得に困る人は多いもの。今回はTOEIC875点の私が実際に使用した、英文解釈の参考書3冊(レベル別)と勉強法をご紹介!

この記事を読むことで、TOEICの点数UPや速読・精読力UPに繋げてください!

それでは参ります。

 

この記事でわかること

  • 【社会人向け】英文解釈おすすめ参考書3選(レベル別)
  • 【社会人向け】英文解釈の参考書を用いた勉強法

 

【社会人向け】英文解釈おすすめ参考書3選(レベル別)

 

それじゃあ早速、社会人向けの英文解釈参考書をレベル別に3つ、紹介するよ!

 

 

英文解釈参考書①初心者向け

こんな方におすすめ

  • 英語学習(英文解釈)を一からやり直したい
  • とにかく丁寧な解説が欲しい
  • TOEICの点数は600点に届かない

1冊目に紹介するのは、【入門英文問題精講】です。

こちらの【入門英文問題精講】ですが、まず解説が非常に丁寧です。

そのため初心者の方や、英語を忘れてしまった社会人の方にもオススメの参考書です。

実際に本の中身は、下の写真のようになっており、解説がめちゃくちゃ丁寧なのが見て取れます。

 

入門英文問題精講の写真入門英文問題精講の中身

 

基礎のレベルを網羅していますが、この1冊だけで大体の英文は読めるようになると感じます。

それくらい英文解釈の実力を上げてくれる1冊です。TOEIC600点くらいであれば、この参考書で十分過ぎるほどです。

 

created by Rinker
¥1,320 (2020/10/29 04:54:35時点 楽天市場調べ-詳細)

 

英文解釈参考書②中級者向け

こんな方におすすめ

  • 英文法の基礎は大体固まっている
  • TOEIC600点以上はとれる

 

2冊目のオススメ本は【ポレポレ英文読解プロセス】です。

大学受験用の参考書ですが、良質な英文が掲載されている参考書です。

比較的簡単な文章から、難解な文章まで掲載されており、英文解釈のステップアップに持ってこいの参考書です。

また、持ち運びできる【大きさ・軽さ】でありながら、解説も丁寧な点もオススメです。

 

個人的には、TOEIC750点程度を目指せる1冊だと感じます。

 

created by Rinker
¥832 (2020/10/29 09:52:48時点 楽天市場調べ-詳細)

 

英文解釈参考書③上級者向け

こんな方におすすめ

  • 英文の基礎は固まっている
  • TOEICは700点以上取れる
  • 英文を楽しみたい

 

 

上級者向けにオススメな本として【基礎英文問題精講】および【標準英文問題精講】を紹介します。

レベル的には、大体同じくらいなので、片方やるもよし、両方やるもよしです。ちなみに解説は【基礎】のほうが詳しいです。

 

【基礎】【標準】と書いてありますが、結構レベルが高いので、英文法がしっかり固まっている人向けです。

TOEICで800点、900点を目指したい人は買っておいて損はない参考書だと思います。

 

この2冊の良いところは、単に英語を学べるだけでなく『教養』も学べるところにあります。

社会人の皆様なら、中高生ではピンとこなかった文章も、共感できる部分が多くあるに違いありません。

英文を楽しみたいという側面でも、この2冊はおすすめ。大きさも持ち運びできるサイズで、社会人にはぴったりです。

 

created by Rinker
¥1,045 (2020/10/29 09:57:06時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥968 (2020/10/29 09:57:07時点 楽天市場調べ-詳細)

 

【社会人向け】英文解釈の参考書を用いた勉強法

次に実際の使い方をステップに分けて説明していきます。ぜひ参考にしてみてください!

 

step
1
まずは訳してみる

まずは、ペンとノートを用意して英文を訳してみましょう

その際の注意点としては

2つの注意点

  • あまり時間をかけすぎない(初級~中級者)
  • わからない単語・熟語は推測して読む

まず一つ目は、時間をかけすぎない事。あまり時間をかけすぎて進捗が遅くなると、モチベーションの低下に繋がりかねません。長くても10分程度かと思います。

二つ目のポイントとして、わからない単語はなるべく文脈から『推測』する癖をつけること

逆に調べる癖をつけてしまうと、試験や日常会話などで、わからない単語に出くわすたびに不安になります

 

step
2
解答と自分の答案を見比べる

次に解答と自分の答案を見比べてみましょう。

注意するポイントとしては

3つの注意点

  • わからなかった単語・熟語・文法の洗い出し
  • 自分の解釈が合っているか
  • 文章は結局何が言いたいのか

まずは、わからなかった部分を総ざらいし、自分の解釈を確認しましょう。

一文一文を理解したら最後に、文章全体を俯瞰し、【この文章は結局、何を主張したいのか】を理解しましょう。

ここまでやって、一呼吸です。

 

step
3
音読しまくる

ステップ1・2で文法や単語、筆者の主張も明確になりました。

最後のステップは音読です。たくさん音読して、その文章を味わって、噛みしめてください。

自然と意味が頭の中に入ってくるまで音読してください

そうすることで、精読力・速読力の底上げをすることができます。

 

以上、私が実際に行っていた英文解釈参考書の勉強方法です。ぜひトライしてみてくださいね。

このステップで1冊終わるころには、めちゃめちゃ力ついてますよ。

 

まとめ:英文解釈は社会人からでも遅くない

さて、今回は英文解釈の参考書・勉強法について見てきました。

特に社会人の方向けに紹介しましたが、学生の方にとっても上記の参考書は大変おすすめです。

意欲のある方はぜひ、トライしてみてくださいね。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-効率・モチベUP
-,

Copyright© えばの備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.