その他・趣味

【就活を有利に】理系こそTOEICを勉強すべき|実体験も語る

【就活を有利に】理系こそTOEICを勉強すべき|実体験も語る
TOEICって就活にどれくらい役に立つの?

〇〇点持ってるけど、アピールになるのかな?

理系だから別に英語はやらなくてもいいよね?

そんな風にお思いではありませんか?

今回は絶賛就活中・理系学生の私が、自分の実体験をもとにTOEICがどれくらい就活に役立つのかご紹介

ぜひこの記事を読んで、TOEICの有用性を実感して勉強ください!

最後まで読むころには、『俺も勉強しよう!』と思えるはず。 それでは参ります。

この記事でわかること

  • そもそもTOEICは就活に使えるのか
  • 【就活を有利に】理系こそTOEICを勉強すべき理由
  • 理系就活でTOEICは何点から有利に働く?
  • TOEIC875の理系が就活してみた経験談

そもそもTOEICは就活に使えるのか

TOEICが就活に使えるか悩む女性

 

そもそもTOEICって就活に使えるの?噂では『取っておくといい』って聞くけど。

 

実は、学生だけじゃなくて社会でも高く評価されるんだ!実際にどう評価されるのかデータで見てみよう!

 

TOEICが採用に利用される割合

次の図は、企業が採用時にどの英語テストを参考にするか』を示しています。

参考:2013年「上場企業における英語活用実態調査」報告書

 

圧倒的にTOEICのスコアが利用されています(63.2%)TOEICに次ぐのは英語検定(6.6%)ですね。

この結果からもわかる通り、就活という観点から見れば、各種英語テストの中では、TOEICは非常にコスパがよい資格であるといえます。

 

さらに以下の図は採用時にTOEICを参考にする割合』です。

 

参考:2013年「上場企業における英語活用実態調査」報告書

 

新卒・中途にかかわらず、TOEICが参考にされている事がわかります

将来的に利用する割合まで含めるとなんと80%以上の企業が利用すると回答

これほどまでに、TOEICのスコアは採用に直結しており、学生だけでなく社会人にとっても有用であると言えます。

 

なお、英語』を勉強することは非常に有意義であることも分かっています

詳しくは以下の記事をご覧ください!

 

TOEICのスコアは年収にも影響する!?

以下は『TOEICのスコアと『平均年収の関係を示したグラフです。  

出典:https://doda.jp/global/guide/004.html

 

400~800点ほどだと、あまり年収の変化は見られませんが800点~は年収に大きな差となって表れているのがわかります

TOEICのスコアによって、年収にこれほどの開きがあるのは驚きですよね。(ちなみに日本人の平均年収は420万円ほど)

このような側面から見ても、TOEICは受ける価値があることがわかります

 

【就活を有利に】理系こそTOEICを勉強すべき理由

TOEICが学生だけじゃなくて、社会人にとっても重要なことがわかったよ。

でもなんで『理系こそ』TOEICを勉強すべきなんだい?

別に理系なら英語そんなに使わないと思うんだけど・・・。

 

確かに、人によっては英語を使う頻度は少ないかもしれない。

でも今の時代、『海外で活躍できる技術者』が求めらているからなんだ!

 

皆さんも一度は耳にしたことがある『グローバル化』『少子高齢化』というワード。

最近では企業も、海外志向が強くなってきているのが現状です。

そんな時代なので、『グローバルに活躍できるエンジニア』が必要になってきています。

 

さらに理系学生の場合は就活で、『専門知識』+『英語(TOEIC)』のように、自分の専門性にプラスしてアピールが可能です。

『文系学生に負けず劣らずの英語力を持っている理系』となれば、就活にはめちゃめちゃ強いんです。

 

【理系就活】ずばりTOEIC何点取ったらよい?

ふーん。じゃあTOEICの勉強してみようかな。でもTOEICって実際、何点取ったらいいの?
ずばり、最低700点!できれば800点を目標にしてほしい!

ずばり、TOEICの点数をアピールしたいのであれば、最低700点、できれば800点です。

一般に履歴書に書けるTOEICの点数が600点なので、残念ながら600点台ではあまりアピールにはなりません。

実際、私は地方の理系大学院生ですが、600点周辺は結構います。

 

また、これは完全に私個人の感覚ですが

700点 ~ 『英語ちょっと得意なんだね』

800点 ~ 『おぉ中々やるね』

900点 ~ 『すごいじゃん』 という感じ。

 

インターンで企業の先輩社員と話した感じからも、英語力をアピールするなら700点以上は必要です。

詳しい勉強法は以下の記事をご覧ください。様々な参考書を試した私が、最も効率の良い参考書と勉強法を紹介しています。

 

きっと役に立つはずです。

 

 

実際にTOEICは就活に有利に働く?

でも本当にTOEICの点数って有利に働くの?実際の声が聞きたいなぁ。
じゃあここでは、実際に僕の就活体験記を紹介するね!僕の場合、大体TOEICの点数は褒められてるよ!

ずばり、『就活に有利に働く』と断言します。実際に私はTOEIC875点をぶら下げて、大手電機メーカーの面接に行ったのですが

理系なのにTOEICの点数高いね!どんな勉強してるの?

なんて言われました。

さらに、英語力について記述したエントリーシートは5社ありますが、今のところ全て通過しています。(絶賛就活中なので、今後更新予定)

おそらく『専門性+英語』が評価されているのでは?と勝手に思っています。

こんな背景から、海外志向の強い会社においては、英語力はかなり重要と感じます

 

【就活を有利に】理系ほどTOEICを勉強しよう

いかがでしたか?

今回は、理系ほどTOEICを勉強すべき理由をご紹介しました。

これは余談ですが、グローバル化が進む世界で、英語ができる理系は本当に重宝されると感じます。

是非この記事を参考に、皆様が英語の勉強の第一歩を踏み出してもらえたら幸いです。

それではまたお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-その他・趣味
-

Copyright© えばの備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.